静脈の役割を知って下肢静脈瘤の治療ができる名医がいる病院を探そう

静脈の役割を知って下肢静脈瘤の治療ができる名医がいる病院を探そう

女医

静脈には弁がある

人間の体を流れる血を運ぶ役割をする血管ですが、動脈と静脈の二つに分かれています。動脈と静脈では形が違うので、もしなにか欠陥が生じたときに起こる症状も違いがあります。
静脈の場合は弁が壊れることによって下肢静脈瘤が生じるのです。

診察室

壊れやすい静脈

静脈は老廃物が排出された血を肺に運ぶため、血が逆流しないように弁を備えています。しかし、この弁はとてももろいものなので、ふくらはぎによるポンプ作用が働かなくなれば、弁がこわれ下肢静脈瘤になりやすくなるのです。それによって血液の滞留、炎症が引き起こされます。

女医

専門医を選ぶ

下肢静脈瘤は広範囲にわたる場合があるので、これを治すことができるのかと思ってしまいます。大きな病院だと治してくれるところもありますが、逆に細やかな要求にこたえられないこともあります。
このことから、下肢静脈瘤の専門医に頼んだほうが安心して治療ができるといえます。

病院

手術の内容について説明を受ける

どのように治療が行なわれるのかというと、血管をレーザーで焼き切ることで下肢静脈瘤をなくしていきます。その他にも保存的治療などもあるので、適した手術の方法を医師と相談していきましょう。
最新の治療を含め、最も効果のある手術方法を名医がいる病院は情報提供してくれるので安心です。