鼠径ヘルニアにかかったらどうなるか【手術法も確認】

鼠径ヘルニアにかかったらどうなるか【手術法も確認】

レディ

かかりつけ医と専門の医師

異常に早めに気付くためには、かかりつけの医師を見つけておくべきです。かかりつけの医師がいればなんでも相談できるという安心感があります。
また、良いかかりつけ医は抱え込まずに専門の医師を紹介してくれるのです。

男性

鼠径ヘルニアの症状

専門医にかかったほうがいい病気の一つとして、鼠径ヘルニアがあります。
・下腹部が重く感じる
・腹部が腫れている
・腫れた腹部が痛む
・足の付け根がふくらんでいて左右違う
このような症状があるならすぐに病院へいき、専門医を紹介してもらいましょう。

患者

小腸がはみ出している

鼠径ヘルニアとは何かというと、腹部や脚の筋肉によって抑えられているはずの小腸が皮膚の下にはみ出してきてしまう病気のことです。
重大なカントンという症状を引き起こす前に直ちに手術をしなければなりません。専門の病院であれば、メッシュシートを用いり、傷跡も目立たせることなく手術をしてくれます。

大人も子供も鼠径ヘルニアになる

子供

先天的に外鼠径ヘルニアになるパターンが小児には多いのが特徴です。腹膜症状突起が開くことが原因で、多くの場合親が膨らみに気付いて病院に担ぎ込むケースがあります。

大人

多くの場合が太ももの付け根にみられます。筋膜が弱ってくるのは中高年以降ですから、この年代になるとよく足の付け根に注意しなければなりません。女性は若い世代にも起きることがあります。