医師や病院がどんなものか意外と知らない

日本は皆保険制度がありますし、調子が悪ければすぐに病院に通う環境ができあがっています。しかし、意外と「この病気ならこの科を受ける」などの知識を持っている人は少ないです。病気にかかったときのためにも、病院を見つけるコツは覚えておきましょう。

がん治療で使われる治療法を比較しておこう

薬物療法

がん細胞の働きを抑制し、減少に効果のある薬剤を体内に投与していきます。使われる薬剤としては抗がん剤やホルモン剤があります。局所に使う方法と全身に使う方法に分けられています。

免疫療法

免疫の力が弱いとがん細胞の増殖に拍車をかけることがあります。人間のもつ免疫力を意図的に高めるのが免疫療法という新しい治療方法で、成果が上がっているという報告もあります。

[PR]
肺がん治療を受けよう
身体への負担が少ない治療法を提供中

聴神経腫瘍の治療とはどんなもの?専門医を調査

看護師

聴神経にできる腫瘍

人間は多くの病気にかかります。日本ではがんによる死亡率が高いため、多くの人はがん治療について注目しています。
悪性腫瘍といえば聴神経にできることもありますので、注意が必要です。良性の腫瘍ではありますが、大きくなりすぎると命に係わる場合もあります。

わずかな隙間にできる

聴神経の腫瘍は小脳と脳幹の間にできます。MRI画像でこの聴神経腫瘍をみると、ごくわずかな隙間にできてしまうことがわかるはずです。
小脳や脳幹は人間にとって大変重要な役割を担っており、呼吸や反射神経をつかさどっているため、手術も高度な技術を要します。

病院の治療内容をチェック

東京をはじめとする、大きな都市にある病院には聴神経腫瘍の治療ができるところがいくつかあります。治療の際には、その病院の実績と設備、そして治療方針を確認しましょう。
ガンマナイフは腫瘍が3センチ未満だと有効な手段です。経過観察で住む場合もありますし、大きな腫瘍の場合は手術が求められてきます。
腫瘍やがんはステージや腫瘍の大きさによって治療も変化するので、よく相談することが大切です。

[PR]
聴神経腫瘍の悩みなら必見!
名医が在籍している医院を厳選公開

肺がんのステージとそれに応じた治療法

1期

この時期はがん細胞の広がりも肺の中に限定されています。そのため標準的な放射線の定位照射による治療が行なわれます。リンパ節に転移があったり高齢であったりするなら、治療方針は変わります。

2期

肺の中に限らず病変が近くのリンパ節にも転移している場合はステージ2として判断されます。この段階では外科手術の検討が行なわれます。手術に耐えられる体を作るために最低でも一か月以上禁煙が求められます。

3期

組織に深く悪性腫瘍が浸潤していくとステージが進んでいきます。3期の場合はリンパ節や近くの臓器にも転移しますので、放射線治療のみならず抗がん剤治療も併用して治療が行なわれます。放射線量は60Gy程度が世界的な標準です。

小細胞肺がん

病変が広がりやすい性質をもつのが小細胞肺がんです。因子などによってこのタイプのがんだと判断されたのち、独自の治療が行なわれます。遠隔転移しやすいですが、治療を早めに行なえば反応がでやすいがんでもあります。

[PR]
小岩なら糖尿病に特化した病院がある。
現代病に打ち勝とう!